企業と従業員のこれから

投稿日カテゴリーUncategorized

職場の人々には、ほとんど両親の介護についての報告や相談はしていないようです。社内では、どちらかというと頼られる立場であったので、自分の抱える問題を相談をするような人間関係は築いていなかった事にふと、今回の転職探しをきっかけに気付いたそうです。職業安定所の職員は、B子さんに、B子さんほどの経歴があれば、満足のいく職場を紹介する事は、難しくないであろうと説明しました。ですが提案として、まず、職場の上司と話合いの場を持つ事を第一として推奨したそうです。働き方改革の創立もあって、企業側の従業員の受け入れ方を模索しています。多くの企業が、社員を大切にする事業を心掛け、多様な働き方への対応を模索している状況なはずです。育児休暇制度の整備や、保育所の拡充に伴い、介護社会への対応も、企業側には何かしらの考えがあるはずです。自分の家庭的な問題を1人で抱え込まずに、まずは、信頼のおける上司に相談をするようアドバイスをしたとの事でした。